第5回くらけん定例会レポート その6「タカハシさんレポート」

第5回くらけん定例会レポートもいよいよ最終回

今回はタカハシさんの自由研究レポート
タカハシさんはパワーポイントで作って来て頂いたので、そのままアップしますね。

まずは何を検証したのかご覧ください。
f0139318_19375132.jpg
実に良いテーマでしょ
ちなみに、加藤はこのレポート作成に関与していません。
タカハシさんが独自にテーマを決めて測定してレポート化してくれたものです。すごいでしょ!

さて、データソースです。
f0139318_19405900.jpg
タカハシさん宅は2階建て、LDKは2階、寝室は1階です。
LDKの測定をして頂きました。
LDKは屋根断熱で勾配天井、上一体空間でにロフトがあります。
f0139318_19420192.jpg
サーキュレーターはロフトに設置、上下の温度差を撹拌させます。
温度測定は高さの違う3か所で測定。
f0139318_19463742.jpg
サーキュレーターの温度面での効果、
日中エアコン停止での省エネ効果と温度状況、
就寝時エアコン停止での省エネ効果と温度状況を上記の設定で調べて頂きました。
f0139318_19511043.jpg
黄色いふきだしを読んでくださいね。
晴天時のエアコン暖房OFFはかなり省エネ効果ありますね。
タカハシさん宅は日照シミュレーションして冬の日射取得を徹底的に検討してますのでその効果も大きいのかもしれません。

f0139318_19511939.jpg
サーキュレーター使用での温度状況の改善。なるほどなるほど。
三つの温度測定ポイントの温度差が少なくなってます。
日中はエアコン停止しても温度環境的には全く問題なしですね。
f0139318_19512555.jpg
就寝時のエアコンOFF、これも思ったより省エネ効果あり。

以上です。
それにしてもこんなレポートをユーザーさんが提出していただける「くらけん」は最高の省エネサークルですね。
次回の定例会も楽しみです!

[PR]
by katosans | 2015-06-22 20:07 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(4)
Commented by Mこし at 2015-06-28 07:13 x
こんにちはかとうさん。
タカハシさんの実験、とても興味深く拝見しておりました。
ウチはどちらかというと省エネという観点よりも、
体感的な方を重視しており、しかも小屋裏から1階に風を送りたいので、直下にサーキュレータを向けないとと思います。
まだ検討中ですが今年の冬はチャレンジしてみたいです。
もしも上手くいけば、シーリングファンの設置を相談しようかな・・・。(またモデルハウスの真似っこですけど。)
Commented by katosans at 2015-06-28 12:20
Mこしさんところは、1Fリビング~吹抜け~ロフトですものね。やはりシーリングファンがベストかもしれませんね。
Commented by タイパク at 2015-07-12 09:08 x
こんにちは。はじめまして。ニュージーランドで家を建てている途中です。このレポート興味深く読みました。サーキュレーターとは、ダクト空調システムのリターンエア(RH)でもまかなえるのでしょうか。こちらでは薪ストーブ&ヒートトランスファーという換気扇みたいな機械もあります。暖房器具を何にするか迷っています。日本でもNZでも基本は同じなので参考になります。ありがとうございます。
Commented by katosans at 2015-07-13 13:12
タイパクさんコメントありがとうございます。ニュージーランドですか!すばらしいですね。ブログ拝見させていただきます。
さて、ご質問の件。空調システムのリターンですと恐らく風量風速が少なく同じようにはならないと思います。サーキュレーター(えーっとニュージーランドでもありますよね)がいいと思いますよ。
欧米の方が全館冷暖房する家が多いので、サーキュレーター機種がいろいろ豊富なんじゃないかと思いますが、どうなのでしょう?


<< 夏のおさらい①日射遮蔽の話 第5回くらけん定例会レポート ... >>