2013年 01月 14日 ( 1 )

無暖房家族シーズン3 第1話(無暖房の発端)

年明け最初の更新ですので、加藤が個人的に(ゆくゆくは仕事にフィードバックしたいと)取り組んでいる「無暖房」生活について書きます。

個人的にとは言っても、日中仕事に出ている私よりも在宅時間の長いカミさんと子供の方が「無暖房」生活の実現に大きく寄与しています。
そんなわけで、家族で協力し合う取り組みという思いを込めて「無暖房家族」プロジェクトと呼んでいます。

加藤の自宅は暖房を使用しない「無暖房」状態で3シーズン目に入っています。
(正確には、2010-2011シーズンと2011-2012シーズン共に正月に2時間ほど特別な来客があり暖房器具利用しましたが短時間なので「無暖房」と言わせて貰っています)

さて、発端から。

じつは、私の志とか主義主張とかとは全く関係の無く、カミさんが知らない間に始めていました。
カミさんによると、
「ちょっと寒くなってきたけど少し我慢して節約しちゃおう」
→「年末まで暖房点けずに済んじゃった、体も慣れてきたみたい」
→「年明けは駄目かと思ったけど、日差しを取り込んでおけば大丈夫」
→「2月って寒いんだけど何故か大丈夫、乾燥感少ないし」
って感じで1シーズン乗り切っちゃったのです。

そして、シーズンの最後に3.11東北地方太平洋沖地震が来ました。震災と原発事故。
この3月は寒い春だったのを覚えています。

実は、無暖房生活で最も厳しい時期は3月なのですが(そのうちに解説しますのでお楽しみに)、
3.11を経過した私たち夫婦は明瞭な目的意識を得てシーズン1を乗り越えたのでした。

つづく
[PR]
by katosans | 2013-01-14 16:01 | 無暖房家族 | Comments(0)