<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

残した庭木

解体工事が終わり。
残した庭木が囲まれて守られています。
f0139318_19242790.jpg

紅梅、白梅を左右にして残しました。
これだけでも庭の風情が残っていて、一安心。

完成すると1階リビングと和室正面の庭になります。
敷地向こうの公園用地からの目線隠しにもなる予定。
[PR]
by katosans | 2012-04-24 19:28 | 住宅への道 | Comments(0)

自宅の光熱費(現状までのまとめ)

4月の電気使用量が出てきましたので、
この冬から春までの使用量をまとめておきます。

電気使用量
12月検針分:161kwh ¥4,176
1月検針分:241kwh ¥6,012
2月検針分:207kwh ¥5,222
3月検針分:208kwh ¥5,263
4月検針分:180kwh ¥4,630

ガス使用量
12月検針分:48㎥ ¥7,676
1月検針分:62㎥ ¥9,579
2月検針分:59㎥ ¥9,182
3月検針分:34㎥ ¥5,695

1,2月のガス使用に課題が残るものの、
結構良い成績でシーズン終了できたと自画自賛。
ま、実際のところはカミさんのお手柄であります。
[PR]
by katosans | 2012-04-23 22:21 | 光熱費 | Comments(0)

商品化・企画プラン

昨日、ちょこっとウォーミングアップのつもりで遊びながら考えた企画案。
延べ床面積27坪、
構造変えず、開口変えず、
キッチン以外の水廻り位置変えず、
LDを1、2階反転できる案、
出来ちゃいました。

天才?・・・いや、私が出来るのだからもう既に建ってるかもね。

まずは2階LDKのタイプ1
f0139318_10343344.jpg


次は1階LDKのタイプ2
f0139318_10352517.jpg


2階LDKで建てたが、暮らしが変わって1階LDKに。
あるはその逆もOK
結構良いと思うんだけどいかがですか?
[PR]
by katosans | 2012-04-18 10:37 | 住宅への道 | Comments(0)

久しぶりに商品企画

昨日は久しぶりの商品企画会議で、延々5時間。
宿題のプランの作成中。
f0139318_12524227.jpg

コンパクトでシンプルなのは当たり前だけど、
1、2階がそのままひっくり返せる(LDKが移動できる)プランを検討中。
窓位置そのまま、
キッチン以外の水廻り配管そのままでリフォームできるようにしたい・・・
それから、冬優先自立循環と夏優先自立循環が選択できるようにしたい・・・
欲張りすぎかな。
[PR]
by katosans | 2012-04-17 12:58 | 住宅への道 | Comments(0)

実家の終い支度2

流れにまかせ、どこにでも住まいを移ると言う父。
彼は大義名分や主義主張でこういう事を言わない、非常にリアルで実践的な生活者だ。

亡くなった者の事、息子の事、孫の事などを考え、こうあるべきと行く道を選んだ訳ではない。
目の前の現実を手探りで愚直に進んで行く。

私の若い頃は、こだわりのない父の生き方があまり好きでなかった。
しかし、葬儀の後、父と真正面から向き合う事が多くなってふと気がついたのだが、
父の生き方に好感を持つようになっている。

私もそれなりに歳をくらい、価値観も変わって来たのだと思う。

今日、母の納骨を済ませ一区切り。
父の今後について具体的に動き出すことになる。

(つづく)
[PR]
by katosans | 2012-04-11 21:32 | 終い支度 | Comments(0)

ヒートショック考2

さて、母は亡くなった2月24日にどんな温度差のヒートショックを受けたのだろうか。

母の経路は、LD→廊下→洗面脱衣室→浴室。
時間は19:00.

LDに関しては、FFガスファンヒーターを大晦日と同じく24℃設定でフル運転なので、
室温環境は大晦日とほぼ同じだったと想定できる。体感温度は21℃くらいと仮定。

問題は廊下。
2月24日19:00の所沢の気温をあたると、10.9℃。
実家の辺りはこれより2~3℃低いと思います。
ここからエイヤで温度状況を想定してみると、
床:8℃
外壁:10℃
天井:14℃
室温:10℃
あくまで適当ですが・・・
体感は約11℃としましょう。

風呂は在来のタイル風呂。
洗い場がかなり寒いので、冬場はまず浴槽に入って温まってから洗い場で体を洗う。
給湯器の風呂の温度設定は42℃。


では、経路追ってみましょう。
①LD:体感21℃

②廊下:体感11℃、温度差10℃、血圧上昇

③洗面脱衣室:衣服を脱ぎ体感温度低下、血圧上昇

④浴室:お湯をかぶってすぐ浴槽へ、湯温42℃、温度差31℃、血圧急降下

⑤洗い場で倒れる


冬場の典型的なヒートショックの受け方だと思う。

つづく
[PR]
by katosans | 2012-04-01 22:49 | ヒートショック考 | Comments(2)