<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ちょっとだけ

f0139318_19391113.jpg

今度の季刊誌に久しぶりにマンガ描きました。
[PR]
by katosans | 2012-05-18 19:39 | 日常の業務 | Comments(0)

スケッチ完成

f0139318_2024883.jpg

着彩も完了!
色塗りは、やり過ぎないように。
止め時が肝心。
[PR]
by katosans | 2012-05-11 20:25 | 住宅への道 | Comments(0)

スケッチ

f0139318_10232251.jpg

久しぶりに手描き、
下書き検討中。
[PR]
by katosans | 2012-05-11 10:23 | 住宅への道 | Comments(0)

ヒートショック考3

前回「ヒートショック考2」で母が倒れた時の温度状況を以下のように分析しました。

①LD:体感21℃

②廊下:体感11℃、温度差10℃、血圧上昇

③洗面脱衣室:衣服を脱ぎ体感温度低下、血圧上昇

④浴室:お湯をかぶってすぐ浴槽へ、湯温42℃、温度差31℃、血圧急降下

⑤洗い場で倒れる


単に温度差だけで見ると、浴槽に浸かった時が30℃以上で圧倒的に大きくて、廊下とかに出た時の温度差はたいしたことがないように見えます。

では、断熱性が高く全館暖房の場合はどうなるでしょうか。
仮に全館20℃で理想的に室温維持されたと仮定すると、

①LD:体感20℃

②廊下:体感20℃、温度差0℃

③洗面脱衣室:衣服を脱ぎ少々体感温度低下、少々血圧上昇

④浴室:体を洗いシャワーを浴びて浴槽へ、湯温42℃、温度差22℃、血圧降下

これでも浴槽に浸かった時に温度差22℃ありますので危険な感じがします
が、安全だと言われています。
実際、このような全館暖房の建物で入浴する時の体感は、非常に楽で快適です。

室温20℃くらいあると、脱衣時に震える事はないですし、あわてて浴槽に浸からないでも凍えないので、体を洗ってシャワーを浴びてお湯の温度に慣らしてから入浴できます。
この慣らしができるのは重要な気がします。


(つづく)
[PR]
by katosans | 2012-05-04 07:32 | ヒートショック考 | Comments(0)