<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フォールディングチェア

最初の定期点検の時には、どんな家具が入っているかが楽しみです。

「和木和気の家」さんのロフトには、オットマン付きのフォールディングチェア。
f0139318_1948184.jpg

新居猛デザインの「ニーチェア エックス」かな。
ご主人が独身の頃から所有していた物だそうで、良い味が出てていました。
[PR]
by katosans | 2013-04-27 19:35 | 住宅への道 | Comments(0)

Q値μ値のチェック中

2年越しの設計物件、
積算が動き出したので申請準備もかねて計算書類の最終調整し始めました。
今回は、床面積が300㎡を超えるので「エネルギーの使用の合理化に関する法律」で届出が必要になります。

開口部などが当初入れていたものと変更になっているのでQ値とμ値の計算見直し。
開口部は東西南北の合計で50窓!
開口部計算シートが壮観です。ジャジャーン!
f0139318_19455417.jpg


さてQ値μ値は申請用に安全側で計算。
小屋裏部分の気積を全部参入し、小屋裏部分の換算床面積も不参入。
Q値:1.44W/㎡K
μ値:0.026

ちなみに小屋裏の換算床面積を算入するとQ値:1.21W/㎡Kでした。
[PR]
by katosans | 2013-04-25 20:00 | 住宅への道 | Comments(0)

素材感が・・・

省エネ関連のセミナーがLIXILショールームのセミナー室を借りて行われ、
本題のセミナー前にLIXILショールームの館長さんにショールーム案内をしてもらいました。

とにかく大きいショールームのワンフロアに5つのモデルルームが作られていました。

これは、そのうちの一つのスマートハウスの玄関を居間から見た写真。
f0139318_134322.jpg


広い玄関土間が居間と隣接、仕切りに格子戸・・・あぁ?
いつも見慣れているうちのモデルハウスと構成要素が一緒!
f0139318_137187.jpg


しかし、その素材感の違いがものすごく大きいのです。

LIXILショールームの木のように見える建材は全部シート貼、床フローリングも多分シート貼。
「バーチャル」感がすさまじいのです。

木質部はトータルにコーディネートされ統一感がカチッと決まっているのですが、
ドアも収納キャビもカウンターもフローリングも近づくとみんなバーチャル。
まるで、アミューズメント施設にいるか、3Dバーチャルに入り込んだような感覚に襲われます。

背筋がなんとなくゾワッとしました。

私はそれほど自然素材に傾倒する性質ではないのですが、
このシート貼の「カリ、カリ」とした質感に閉じ込められるのは嫌だなと・・・
[PR]
by katosans | 2013-04-18 13:27 | 住宅への道 | Comments(0)

展開図チェック中

2年越しのM様の家、実施がいよいよ大詰め。
工事費積算も動き出すので図面チェック中。
f0139318_1849286.jpg

2世帯住宅なので展開図の枚数がかなり多いので持久戦に突入。

構造表し、勾配天井、建築化照明、羽目板・タイル張りの見切り方など突っ込みどころ満載!

そろそろ、申請関係も動き出さなきゃいけないなぁ・・・
そう言えば、延べ床300㎡越えるので省エネ法の届出が必要なんだよなぁ・・・
[PR]
by katosans | 2013-04-12 19:01 | 住宅への道 | Comments(0)

基本計画の検討模型

基本計画を依頼主と練る時、
平面図だけではなかなかイメージの共有が難しいので何か他の表現も併用します。

従来は手書きのスケッチなどを添えていましたが、
数年前から模型を利用するようになってきました。

f0139318_1294762.jpg

模型を手にとって回して外観バランスを見たり、
部屋の内から見た窓位置をチェックしたり、
縦方向の空間のつながりを確認したりが自由自在。

スケッチは構図を考えてカッコ良く描いてしまいますが、
模型は良いも悪いもあっけらかんと出てしまいます。
でもその方が、課題もすぐ共有できてストレス無く相談が進むように感じています。
[PR]
by katosans | 2013-04-06 12:11 | 住宅への道 | Comments(0)