<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くらけん定例会報告 その3(Mさん家の消費)

はい、3回目。
今回は予告しておいた、
かなりいい線行ってる省エネ家庭Mさん家のデータ。
f0139318_17484090.jpg

Mさん家は、オール電化(エコキュート、IH、冷暖房はエアコン)

冷暖房の使い方は、高気密高断熱住宅の典型的な全館連続運転がベースですが、
消費エネルギー合計は平均の57.3%と、かなりいい線行ってます。

消費電力はオール電化の場合は致し方ないのですが、
平均の80.9%と、なかなか善戦しています。

Mさんは運動会の雨天順延にて、定例会は参加できなかったのですが、
事前に暮らしの省エネ取組みの資料を頂いていましたので、
参加者の皆さんへ情報共有させて頂きました。

Mさんより頂いた資料「省エネ・省電気料金対策一覧」
f0139318_17574193.jpg

なかなか本気度満点の取組みだと思います。

Mさんは使用料金で着目されていて、
将来的にも年間10万円は切って行きたいとの目標を持っています。
現状は9万円を切っているのでご自身的には合格点との事でした。

ただ、出来れば冬場の消費をも少し減らしたいという事と、
洗面風呂等の水周りの室温をわずかに上げて快適度を上げたいという希望が有る様子です。

次回定例会にはMさんにぜひ参加頂き、楽しくディスカッションしたいと思います。
[PR]
by katosans | 2013-10-28 18:11 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん定例会報告 その2(参加者さん家の消費)

前回は永野さん家の消費でしたが、
今回は定例会参加の皆さんの消費データをサクサクッと見てみます。


まず、Wさん家
f0139318_16441386.jpg

いわゆるオール電化住宅の典型的な消費量を示しています。
ちなみに、
消費エネルギー合計は標準家庭の93%
消費電力は標準家庭の131%
定例会を受けて、さっそくエコキュートの設定を調整する取組みを始めていただきました。
来春までの電力消費にどのように効いてくるか楽しみです。


次は、Uさん家
f0139318_16512530.jpg

こちらもオール電化。ここは暖房に蓄熱暖房機をエアコンと併用しています。
1月から4月の消費電力が1000kWhを超えているのは、あきらかに蓄熱暖房機によります。
消費エネルギー合計は標準家庭の102%
消費電力は標準家庭の142%
蓄熱暖房機の消費時間帯は深夜電力料金の為、電気料金的には割安かと思いますが、
根本的なエネルギー消費量削減の為には少し工夫をしておきたいところです。
Uさん家は大きな窓があるので、窓の断熱強化(スクリーン)とかで暖房消費を改善かな、、、


つづいて、Hさん家
f0139318_1704561.jpg

この家はかなり変わった設備設定。
給湯とコンロはガスですが、暖房に蓄熱暖房機を使ってます。
ただし、冬場の消費電力を見るとそれほど跳ね上がってないので、
蓄暖はかなり意識的にコントロールされている様子。
消費エネルギー合計は標準家庭の109%
消費電力は標準家庭の107%
給湯器はエコジョーズなのにガス消費が多めですね、
特に夏場6月から10月のガス消費が多いのが気になります。
お風呂に関する工夫と取組みで先ずはガス消費の削減が最初かなと思います。


Iさん家
f0139318_1781853.jpg

ここもちょっと変則的、給湯はガス、コンロはIHです。
自然循環型の太陽熱温水器を設置してるのが特長で、
7月から10月のガス消費をご覧下さい、ほぼゼロベース!お見事。
ただ、お風呂はしっかり使われている様子で、冬場のガス消費を見ると平均より少ない感じはしません。
消費エネルギー合計は標準家庭の101%
消費電力は標準家庭の113%
お風呂の工夫をすると太陽熱温水器という味方がいるのでググッと削減できそうな予感。
あと、夏の電力消費はエアコンの冷房なので、冬が過ぎたら夏対策を検討ですな。

いやー、数字を見るだけでその家の設備設定や暮らし方が垣間見えて面白いですね~
まずは効果が大きそうな物に取り組んで、効果が出ると楽しくなってくるかと思います。

次回は、
今回定例会に参加できなかったのですが、なかなか省エネがイイ線いってるMさん家のデータと、
Mさんから頂いた省エネ取組み資料をアップいたします。

お楽しみに~


追伸
Forward to 1985 energy life の 秋の大集会(クリック!) が来月11月7日に迫りました。
今年は神戸が開催地、たまたまあちらに行ってる方はぜひお立ち寄り下さい。
加藤はパネラーとして参加する予定です。
[PR]
by katosans | 2013-10-21 17:31 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん定例会報告 その1(永野さん家の消費)

10月6日の「暮らし省エネ研究会」定例会内容の報告を数回続けてアップすることとにします。

最初は、今回集まったユーザーさんの消費エネルギーと消費電力データの共有と所見から。

消費量を同じフォーマットで比較できるように、
Forward to 1985 energy life「わが家の省エネ診断シート」を利用しました。
※ご興味ある方はリンクを参照下さい。

今回は、
私たちの会社の「永野さん宅」

1年間の消費量
f0139318_937178.jpg

ご自分で自宅の消費量を記録している方は、
黄色で示した1月から4月の都市ガス消費量の多さに注目すると思います。

永野さん家の概要はこの記事の一番下に記載しましたが、
暖房でFFガスファンヒーターを使用しているのが都市ガス消費量に表れていると思われます。

この冬の取組みとして、まずはこのFFガスファンヒーター稼動を抑える方策を考えたいと思います。
ちなみにガスファンヒーターの現状稼働時間は4時~8時、17時~23時。

方策
①日射の取り入れ:LDKの午前中の日当たりは良好、ただし物騒なので日中はレースを引きたい。
②暖房をエアコン主体にする:ご主人がエアコン嫌いなので、、、
③窓の断熱付属部材(カーテン等)の改善をする:LDには掃き出し窓2、腰窓2と大きな窓。

とりあえず、③を対策の1番目に据える事にしました。
現状のカーテンは普通の上下開放なので、窓枠内側に断熱スクリーンを設置してLDの体感を改善し、
FFガスファンヒーター使用を抑えてみようという考えです。
LDの北側に大きな掃き出し窓があり、窓の向こうは吹きさらしなので寒く感じるとの事でしたので、
この窓を優先的に、出来れば4窓共に取り付けたいと考えます。


なお、
この「わが家の省エネ診断シート」を使うと、
自宅の地域の同じ家族数の家の平均消費量と比較が出来ます。
f0139318_10204184.jpg

黄色のセルをご覧下さい。

永野さん家は、
消費エネルギー合計は平均の133.9%
消費電力は平均の111.0%でした。

削減の楽しみが多いです(笑)
楽しみながら省エネすすめていきましょう!


「永野さん家」
居住地:埼玉県ふじみ野市
家族数:4名(大人)
給湯:ガス給湯器(従来型)
コンロ:IH
暖房:LDK居室はFFガスファンヒーター+電気コタツ! その他の居室はエアコン

建物:木造2階 116.75㎡
Q値:2.2
C値:0.7
[PR]
by katosans | 2013-10-17 10:25 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

「くらけん」発足!

省エネの秋、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてこの度、家作りをお手伝いしたユーザーさんを中心に、
「暮らし省エネ研究会(通称くらけん)」を立ち上げました。

これが「くらけん」のマークです↓
f0139318_1034813.jpg

先日10月6日に第1回定例会を行いました。
f0139318_9594066.jpg

小さなモデルハウスは満員です。
f0139318_1002624.jpg

初めての会合でしたので、
電気やガスの使用量を見える化した資料を共有しあいました。
フォーマットを統一することで比較がしやすくなったと思います。
f0139318_1016100.jpg

データから、その家ごとの設備設定や暮らし方が垣間見えてきて、
なかなか面白い情報交換が出来ました。

今回出たデータや情報をこのブログで掲載していく予定です。

なお、「くらけん」定例会は年三回くらいの開催を予定しています。
次回は来春、冬の省エネ取り組みの結果発表会です。

興味のある方はウェルカムですよ~
[PR]
by katosans | 2013-10-08 10:05 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(2)

基本計画の模型作成

新たな計画プラン作成にあわせて模型を作成しました。
f0139318_11542833.jpg

南面に開口を多く取りたいので、
窓のところにスジカイを入れたりしています。

やはり、模型を作ると窓の分量や大きさなどの全体的なバランスが見られて、
最初の基本方針を決めていくときに直感的でとても便利です。

この先、詳細設計に進むと、
ソフトウェアを利用して窓からの日射量をシミュレーションして検討を行います。
[PR]
by katosans | 2013-10-05 11:56 | 住宅への道 | Comments(0)

暮らし省エネ研究会・第1回定例会開催

イベント情報でお知らせしております「暮らし省エネ研究会」の第1回定例会。
いよいよ間近に迫って来ました。

会場が当方の小さなモデルハウスなので既に定員に達しつつありますが、
ご興味ある方は大至急お問い合わせ下さい。


開催日 : 2013年10月6日(日) ご予約制
時間  : 午前10:00~12:00
ところ : 奥山建設モデルハウス「成長する家」

問い合わせ窓口
「暮らし省エネ研究会」事務局・加藤@奥山建設
TEL:049-262-2239
e-mail:info2@fp-okuyama.com


概要は以下のとおりです。

「暮らし省エネ研究会」 発足のお知らせ

奥山建設では、家造りをお手伝いさせて頂いた住まい手を対象に
「住み方セミナー」という名称で、住まい方のご提案を長年続けております。

この「住み方セミナー」では住まい始めて年数の浅い方に有用な、
換気システムの取り扱いや冷暖房機器の上手な運転の仕方などを解説しています。

私共で手掛けた高気密高断熱住宅も200棟を超え、
住まい歴10年を越すご家族も増えてきました。
ご家族構成の変化や、暮らし方の多様化も年々進んで来ています。


そこで「暮らし」と「省エネ」という切り口で、
より活発な情報交換の場を設けたいと考えました。
暮らしの中で生まれる省エネに関するアイデアや工夫、
エネルギー消費や創エネに関するデータ、
年月を重ねたことで得た情報といったものを持ち寄り、
発表しあえる場として「暮らし省エネ研究会」を立ち上げます。

 
最初の一歩と言うわけで、
第1回「暮らし省エネ研究会」定例会を開催いたします。

まずは話の盛り上げネタとして、
弊社スタッフで住まい歴が長い「永野宅」を分析し省エネアイデアを検討する発表をします。
その後、参加者のお持ちになったデータや省エネネタを発表いただいたりして、フリートークへ入っていく予定です。

今後、定例会は年3回ほど開催する予定で、
夏冬の取組み計画や結果の発表を行ったりする住まい手同士の交流の場にします。
また、ブログやソーシャルメディアも使って、
いつでも繋がることのできる研究会にしたいとも考えています。
[PR]
by katosans | 2013-10-01 20:10 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)