<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

くらけん事務局より3.11メッセージ

原子力発電の半分を自分の暮らしの事として背負ってみませんか?

少し重い話だなと思われるでしょうか?

まずは、下の「Forward to 1985 energy life」 のバナーをクリックして、
1985アクションの「言いだしっぺ野池政宏」さんのメッセージをご一読ください。

f0139318_15201790.jpg


家庭消費電力と原子力発電量の関係が明瞭になりましたでしょうか?

家庭の消費電力を減らすことと原子力発電を減らすことを、
仮にイコールであるとシンプルに考えることで、
省エネ行動に脱原発という意義が生まれます。

まずは、自宅の実際のエネルギー消費を把握して、
同地域・同家族数での平均消費と照らし合わせます。
1985アクションは平均消費の50%(1985年頃の消費量)を目指します。
恐らく真面目に取り組んでも結構高いハードルかと思います。

なぜハードルが高いのか、
エネルギー消費は暮らし方に大きく左右される側面があるからです。
良い家を建てて良い設備を導入したからといって、
必ずしも大きくエネルギー消費が減るとは限りません。

私のまわりを見渡すと、
建物の省エネ性能にかかわるプロは沢山おりますし、
省エネ設備や創エネ設備にかかわるプロも沢山います。

しかし、暮らしの省エネに関しては、
住まい手自身が暮らしの技術として身に付けなければなりません。
ただ、身構えることはありません。
暮らしの技術を身に付けるのは結構楽しいことですから。

楽しみながら暮らしの技術を磨き省エネを進めることで、
豊かで人間的な暮らしができる、究極の省エネ社会を目指しませんか?

「くらけん」事務局は1985に”進む”家族をリスペクトしサポートいたします!



追記
「くらけん(暮らし省エネ研究会)」とは、
「暮らし」と「省エネ」という切り口の情報交換の場。
年数回の定例会と、インターネット上の情報交換を中心に運営していきます。
昨年立ち上げたばかりのヨチヨチ歩きですが、
今年は少しずつ成長していこうと思います。

次回「くらけん」定例会は5月開催に向け企画を始めております。
奥山建設OBに限らず仲間を広く集めていきたいと考えておりますので、
ご興味のある方の参加は大歓迎です。

定例会開催については奥山建設イベントページ↓をチェックしていてくださいね。
http://www.fp-okuyama.com/category/1448711.html
[PR]
by katosans | 2014-03-11 17:45 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(2)