<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夜の涼風情報 7/31

上福岡駅前に来週行われる七夕祭りのモニュメントが飾られていました。気のせいか少し涼しくなったような気がします。

さて、涼風情報。
7/31 21:15現在、
少しだけ風が有りますが、湿度高めの感じで体感はちょい暑め(^_^;)

今夜は窓空けチャンスが有りますでしょうか?
おやすみ前の外気温確認も忘れずに(^-^)/
f0139318_21092020.jpg



[PR]
by katosans | 2014-07-31 20:54 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

夜の涼風情報7/30

7/30 21:15現在
外気温度27℃程度と思われます。
湿度は高めながら、風がやや強めに吹いているので、体感は涼しくなっていますよ。

ちょっと窓を開けてみて、大丈夫そうならエアコン止めて窓空けしませんか?

くらけん事務局より

※上記の情報は、ふじみ野市からさいたま市への帰宅時の体感で発信いたします。ナイトパージ(夜間外気の積極的な取込みによる室内の冷却)の参考にしていただければ幸いです。
[PR]
by katosans | 2014-07-30 20:57 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

「くらけん」第2回定例会 報告①

お久しぶりの「くらけん」便りですm(_ _)m

すでに1月半を過ぎてしまいましたが、5月18日「くらけん」第2回定例会を開催いたしました。
すっかりアップするのが遅れて申し訳ありません。

今回は「吉見の家」プレ見学会を兼ねての開催、
会場となった吉見の家はこんな感じ↓
f0139318_1530818.jpg

f0139318_15302528.jpg

これまで培ってきた高気密高断熱住宅のノウハウと、
自立循環型住宅(パッシブデザイン)を融合して、
埼玉県郊外の環境にぴったりの住まいが完成いたしました(見学情報はこちら→http://www.fp-okuyama.com/article/14970554.html)。

「くらけん」第2回目の定例会、10組(大人17名、子供13名)ご参加いただき、
各参加家庭のエネルギー消費量を比較し、冬季の反省、そして来る夏への対策検討を行いました。

今回のブログでは、定例会レジメに記載した「くらけん事務局からのひとこと」を以下に取り上げます。
ご一読いただければ幸いです。
(紙面の関係でレジメでは省略していた部分も追記しました)


くらけん事務局より

暮らしの中で生まれる省エネに関するアイデアや工夫、エネルギー消費や創エネに関するデータなどを持ち寄り発表しあえる場として「暮らし省エネ研究会(以下、くらけん)」を昨年(2013/10月)に立ち上げました。

さて、「くらけん」立ち上げのきっかけと目的から。
2011.3.11東日本大震災・福島原子力発電所事故を受けて、エネルギーの問題をどうにかしなければと多くの皆さんが感じていることと思います。エネルギー問題の解決の方法には様々な意見がありますが、基本となるエネルギー消費を減らしていくことはエネルギー問題に関して自由な議論の余地を作っていくうえでとても重要なことです。特に家庭でのエネルギー消費の削減は、年齢・性別・社会的立場に関係なく全ての生活者が係ることができるという意味で、非常に大きなエネルギー対策だと言えます。「くらけん」事務局は、「脱原発」「CO2排出削減」を目指し、さらにはエネルギー依存の小さい豊かで人間的な暮らしを獲得していきたいと考え活動を開始しました。

私たち奥山建設は20年程前より断熱性能の優れた住宅の提供に全力を注いできました。住宅の省エネかつ良好な温熱環境に関してかなりこだわった仕事をしてきたと自負しております。
しかし3.11を体験しこれまでの仕事を見渡すとき、深夜電力のメリットを利用したオール電化や冷暖房設備の使用方法など、私たちが設定してきた住まいの設定が気に掛かります。電力依存やエネルギー依存の強い暮らしを設定してしまったのではないか、もっと議論をするべきだったのではないかと反省がよぎります。
私たち奥山建設はこうした反省を踏まえ、太陽や風といった自然のエネルギーを上手に活用した自立循環型住宅(パッシブデザイン)を、これまで培ったの高気密高断熱住宅のノウハウに組込み、新たな家づくりの進化を始めています。

とはいえ、家庭のエネルギー消費を大きく左右するのは暮らし方だと言われています。建設当初の建物や設備の設定だけで省エネが達成できるというのは、建築屋のおこがましい幻想かもしれません。そして、すでに高気密高断熱住宅での暮らしをされている皆さんの省エネ達成が最も重要な目標だと考えます。
立地条件や建物の形、家族構成や生活時間のあり方は様々。その上、時間軸の変化も考えると、家庭は常に変化し多様化していきます。そうした変化し多様化する家庭での「暮らしの省エネ」という技術は、住まい手自身が工夫を楽しみながら身に付けてこそ本物になるでしょう。
こんなことを書くと面倒そうだと、思わず引いてしまうかもしれません。暮らしの技術を磨くことは結構面白く、一度始めると楽しくなってくること請け合いです。
「くらけん」事務局は、楽しみながら暮らしの技術を磨く生活者の皆さんをリスペクトしサポートいたします。 「くらけん」定例会は年3回ほど開催する予定で、夏冬の取組み計画や結果の発表を行ったりする住まい手同士の交流の場にします。
また、ブログやソーシャルメディアも使って、いつでも繋がることのできる研究会に進化していきたいと考えています。今後も積極的なご参加を頂ければ幸いです。

 最後に、「くらけん」は「Forward to 1985 energy life」の主旨に協賛し、1985アドバイザー拠点として活動を開始しました。配布の別紙資料をご一読いただきご賛同いただけると幸いです(こちらをどうぞ→http://to1985.net/index.html)。

 共に、豊かで人間的な暮らしができる究極の省エネ社会を目指しましょう!

奥山建設内 くらけん事務局・加藤
[PR]
by katosans | 2014-07-06 15:58 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)