夜の涼風情報 8/1

8/1 21:00 上福岡、遠雷が聞こえます。

夜になってもアスファルトが酷暑を引きずって、
かなりこたえますね。

気温、湿度共に高く不快な状況ですが、
朝霞まで来たら風が強くなっていました。

場所によっては窓空けできるかも。
おやすみ前にはちょいと窓空けて外気温チェックですぞ(^-^)/

f0139318_21090018.jpg


[PR]
# by katosans | 2014-08-01 20:55 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

夜の涼風情報 7/31

上福岡駅前に来週行われる七夕祭りのモニュメントが飾られていました。気のせいか少し涼しくなったような気がします。

さて、涼風情報。
7/31 21:15現在、
少しだけ風が有りますが、湿度高めの感じで体感はちょい暑め(^_^;)

今夜は窓空けチャンスが有りますでしょうか?
おやすみ前の外気温確認も忘れずに(^-^)/
f0139318_21092020.jpg



[PR]
# by katosans | 2014-07-31 20:54 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

夜の涼風情報7/30

7/30 21:15現在
外気温度27℃程度と思われます。
湿度は高めながら、風がやや強めに吹いているので、体感は涼しくなっていますよ。

ちょっと窓を開けてみて、大丈夫そうならエアコン止めて窓空けしませんか?

くらけん事務局より

※上記の情報は、ふじみ野市からさいたま市への帰宅時の体感で発信いたします。ナイトパージ(夜間外気の積極的な取込みによる室内の冷却)の参考にしていただければ幸いです。
[PR]
# by katosans | 2014-07-30 20:57 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

「くらけん」第2回定例会 報告①

お久しぶりの「くらけん」便りですm(_ _)m

すでに1月半を過ぎてしまいましたが、5月18日「くらけん」第2回定例会を開催いたしました。
すっかりアップするのが遅れて申し訳ありません。

今回は「吉見の家」プレ見学会を兼ねての開催、
会場となった吉見の家はこんな感じ↓
f0139318_1530818.jpg

f0139318_15302528.jpg

これまで培ってきた高気密高断熱住宅のノウハウと、
自立循環型住宅(パッシブデザイン)を融合して、
埼玉県郊外の環境にぴったりの住まいが完成いたしました(見学情報はこちら→http://www.fp-okuyama.com/article/14970554.html)。

「くらけん」第2回目の定例会、10組(大人17名、子供13名)ご参加いただき、
各参加家庭のエネルギー消費量を比較し、冬季の反省、そして来る夏への対策検討を行いました。

今回のブログでは、定例会レジメに記載した「くらけん事務局からのひとこと」を以下に取り上げます。
ご一読いただければ幸いです。
(紙面の関係でレジメでは省略していた部分も追記しました)


くらけん事務局より

暮らしの中で生まれる省エネに関するアイデアや工夫、エネルギー消費や創エネに関するデータなどを持ち寄り発表しあえる場として「暮らし省エネ研究会(以下、くらけん)」を昨年(2013/10月)に立ち上げました。

さて、「くらけん」立ち上げのきっかけと目的から。
2011.3.11東日本大震災・福島原子力発電所事故を受けて、エネルギーの問題をどうにかしなければと多くの皆さんが感じていることと思います。エネルギー問題の解決の方法には様々な意見がありますが、基本となるエネルギー消費を減らしていくことはエネルギー問題に関して自由な議論の余地を作っていくうえでとても重要なことです。特に家庭でのエネルギー消費の削減は、年齢・性別・社会的立場に関係なく全ての生活者が係ることができるという意味で、非常に大きなエネルギー対策だと言えます。「くらけん」事務局は、「脱原発」「CO2排出削減」を目指し、さらにはエネルギー依存の小さい豊かで人間的な暮らしを獲得していきたいと考え活動を開始しました。

私たち奥山建設は20年程前より断熱性能の優れた住宅の提供に全力を注いできました。住宅の省エネかつ良好な温熱環境に関してかなりこだわった仕事をしてきたと自負しております。
しかし3.11を体験しこれまでの仕事を見渡すとき、深夜電力のメリットを利用したオール電化や冷暖房設備の使用方法など、私たちが設定してきた住まいの設定が気に掛かります。電力依存やエネルギー依存の強い暮らしを設定してしまったのではないか、もっと議論をするべきだったのではないかと反省がよぎります。
私たち奥山建設はこうした反省を踏まえ、太陽や風といった自然のエネルギーを上手に活用した自立循環型住宅(パッシブデザイン)を、これまで培ったの高気密高断熱住宅のノウハウに組込み、新たな家づくりの進化を始めています。

とはいえ、家庭のエネルギー消費を大きく左右するのは暮らし方だと言われています。建設当初の建物や設備の設定だけで省エネが達成できるというのは、建築屋のおこがましい幻想かもしれません。そして、すでに高気密高断熱住宅での暮らしをされている皆さんの省エネ達成が最も重要な目標だと考えます。
立地条件や建物の形、家族構成や生活時間のあり方は様々。その上、時間軸の変化も考えると、家庭は常に変化し多様化していきます。そうした変化し多様化する家庭での「暮らしの省エネ」という技術は、住まい手自身が工夫を楽しみながら身に付けてこそ本物になるでしょう。
こんなことを書くと面倒そうだと、思わず引いてしまうかもしれません。暮らしの技術を磨くことは結構面白く、一度始めると楽しくなってくること請け合いです。
「くらけん」事務局は、楽しみながら暮らしの技術を磨く生活者の皆さんをリスペクトしサポートいたします。 「くらけん」定例会は年3回ほど開催する予定で、夏冬の取組み計画や結果の発表を行ったりする住まい手同士の交流の場にします。
また、ブログやソーシャルメディアも使って、いつでも繋がることのできる研究会に進化していきたいと考えています。今後も積極的なご参加を頂ければ幸いです。

 最後に、「くらけん」は「Forward to 1985 energy life」の主旨に協賛し、1985アドバイザー拠点として活動を開始しました。配布の別紙資料をご一読いただきご賛同いただけると幸いです(こちらをどうぞ→http://to1985.net/index.html)。

 共に、豊かで人間的な暮らしができる究極の省エネ社会を目指しましょう!

奥山建設内 くらけん事務局・加藤
[PR]
# by katosans | 2014-07-06 15:58 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん事務局より3.11メッセージ

原子力発電の半分を自分の暮らしの事として背負ってみませんか?

少し重い話だなと思われるでしょうか?

まずは、下の「Forward to 1985 energy life」 のバナーをクリックして、
1985アクションの「言いだしっぺ野池政宏」さんのメッセージをご一読ください。

f0139318_15201790.jpg


家庭消費電力と原子力発電量の関係が明瞭になりましたでしょうか?

家庭の消費電力を減らすことと原子力発電を減らすことを、
仮にイコールであるとシンプルに考えることで、
省エネ行動に脱原発という意義が生まれます。

まずは、自宅の実際のエネルギー消費を把握して、
同地域・同家族数での平均消費と照らし合わせます。
1985アクションは平均消費の50%(1985年頃の消費量)を目指します。
恐らく真面目に取り組んでも結構高いハードルかと思います。

なぜハードルが高いのか、
エネルギー消費は暮らし方に大きく左右される側面があるからです。
良い家を建てて良い設備を導入したからといって、
必ずしも大きくエネルギー消費が減るとは限りません。

私のまわりを見渡すと、
建物の省エネ性能にかかわるプロは沢山おりますし、
省エネ設備や創エネ設備にかかわるプロも沢山います。

しかし、暮らしの省エネに関しては、
住まい手自身が暮らしの技術として身に付けなければなりません。
ただ、身構えることはありません。
暮らしの技術を身に付けるのは結構楽しいことですから。

楽しみながら暮らしの技術を磨き省エネを進めることで、
豊かで人間的な暮らしができる、究極の省エネ社会を目指しませんか?

「くらけん」事務局は1985に”進む”家族をリスペクトしサポートいたします!



追記
「くらけん(暮らし省エネ研究会)」とは、
「暮らし」と「省エネ」という切り口の情報交換の場。
年数回の定例会と、インターネット上の情報交換を中心に運営していきます。
昨年立ち上げたばかりのヨチヨチ歩きですが、
今年は少しずつ成長していこうと思います。

次回「くらけん」定例会は5月開催に向け企画を始めております。
奥山建設OBに限らず仲間を広く集めていきたいと考えておりますので、
ご興味のある方の参加は大歓迎です。

定例会開催については奥山建設イベントページ↓をチェックしていてくださいね。
http://www.fp-okuyama.com/category/1448711.html
[PR]
# by katosans | 2014-03-11 17:45 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(2)

くらけん定期便2014/1/30

危うく1月を過ぎてしまうところでした。
本年も「暮らし省エネ研究会(くらけん)」よろしくお願いいたします。

さて昨日、
定期点検でI様のお宅を訪問して来ました。
f0139318_15261968.jpg
このお住まいは南面が広く開けた立地条件で、冬の日射をたっぷりと間取りの奥まで取り込めます。
ただし、床面積が大きめで1階の奥まで明るさを呼び込むための大き目の吹き抜けがあるため、暖房空間としては厳しい面もあります。

建物概要はこんな感じ、
延べ床面積+吹き抜け面積:181.34㎡・・・約55坪
屋根断熱(小屋裏収納あり)
熱損失係数(Q値):1.38W/㎡K
夏期日射取得係数:0.017

このご家族の実際のエネルギー消費がどうなっているか楽しみに訪問しました。
天井裏や床下の点検を終え、快適な温度環境のダイニングテーブルでお茶菓子をいただきながら、検針票データを見せていただくと・・・
電気、ガス共にコンパクトな数値です。
f0139318_15262608.jpg
1985省エネ診断シートに入力!
東京都3人家族の平均値との比較で、
合計エネルギー消費は平均値の67.1%(46,550MJ/年)
電力消費は平均値の64.0%(3,340kWh/年)

良い数値です!!!
「暮らし省エネ研究会」へのお誘をしましたので、春の定例会ではこのご家族の省エネ項目を解説していただこうじゃありませんか。
この家のエアコンの使い方は結構参考になるかもしれません。

最後に一つだけ、
グリーンカーテンは琉球朝顔が抜群に良いとのことでした。今年の夏に向けてのご参考まで。

[PR]
# by katosans | 2014-01-30 15:55 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん定期便2013/12/27

2013年最後のくらけん定期便です。

いくつか近況報告

1.永野さんちの省エネ取組み関連
本日、ハニカムサーモスクリーンの取り付けを行いました。
f0139318_17562167.jpg
採寸がバッチリで一安心、加藤の責任施工です。

f0139318_17582557.jpg
食卓のすぐ横の北風直撃の掃出し窓に設置、
体感が良くなることを期待します。
FFガスファンヒーターの出番がなくなるか?さあお楽しみ。


2.加藤自宅の2013年エネルギー消費報告

電力消費:2,722kWh(26,567MJ)さいたま市3人家庭の平均消費と比べて50%
f0139318_18155475.png

エネルギー消費合計(電気+ガス):42,467MJ さいたま市3人家庭の平均消費と比べて57%
f0139318_18122939.png
共に平均の50%を目指していましたので、電力消費は目標達成!
合計は残念!
来年は合計も目標達成目指して工夫していきます。


3.くらけん便り
くらけん定例会参加の皆様にお便り作成中!
年内に届くか年明けになるかは分かりませんがお楽しみに!
ハニカムサーモの価格表も同封いたします。
「定例会は出なかったけど欲しいぞ!」っという方はコメントかメールを下さい。
年明けに送ります。

では、よいお年を!
[PR]
# by katosans | 2013-12-27 18:28 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん定期便2013/12/7

我が家の窓外に取り付けた温度計も、
冬らしい温度を指すようになってきました。
f0139318_14131081.jpg
さて、近況。

永野さんは、Wさんの省エネ取組にならってこんなものを購入。
f0139318_14182249.jpg
お風呂の落し蓋として使う保温マットです。
もっと厚さのあるボードも検討しましたが、
とりあえず数百円で済むいわゆる銀マットでお試しすることになりました。

あと、北窓に付けるハニカムサーモスクリーンは発注済み、
12月12日に納品される予定です。
取り付け風景もブログアップしますのでお楽しみに。

なお、くらけん定例会参加メンバーには近々に「くらけん便り」をお送りします。
ハニカムサーモスクリーンのご提供価格表なんかも同封しますので、こちらもお楽しみに。

[PR]
# by katosans | 2013-12-07 14:27 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

くらけん定期便2013/12/2

今後、暮らし省エネ研究会関連の情報は
「くらけん定期便」としてアップしていきますのでよろしくお願いいたします。

さて、定例会後に1985アクションナビにも登録いただいたWさん。
エコキュートの追い炊き設定変更や、風呂の落し蓋、
暖房便座の設定変更など、さっそく省エネ活動を開始しているそうです。
「くらけん賞」に向けて一歩リードといった感じでしょうか。


「くらけん賞」で思い出しました。
定例会では1年の成果や取組で賞を出そうかと言っておりましたが、
まずは、1月、2月、3月の電気ガス使用量検診が昨年よりもどのくらい減っているかで、
冬季「くらけん賞」を小さく行おうかと思っています。

ちょっと燃えるでしょ
春の定例会が楽しみです。


さて、我らが永野さん家。
この冬の取り組みは、
①風呂の落し蓋
②北窓の断熱補強
③FFガスヒーターの稼働をなるべく止めて、エアコン暖房へ(すでに開始)
④2階の南窓は日中レースも開けて日射取得(すでに開始)
という感じ。

今日は北窓の断熱補強のために窓を採寸、
ハニカムサーモスクリーンを注文予定です。
f0139318_19465575.jpg

[PR]
# by katosans | 2013-12-02 19:42 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)

「くらけん」の活動報告で神戸へ

11月7日、
神戸にて開催された「Forword to 1985 energy rife 秋の大集会」に参加してきました。

昨年は、さいたま市開催でしたので気軽にチャリンコにて駆けつけましたが、
今回は神戸、普通ならば参加は断念するところでした。

しかし、立ち上げた「くらけん」の活動報告を持ってパネラーとして参加してほしいと要請があり、
少しでも1985の活動のお役に立てればと、思い切って参加してきました。

まずは1985言い出しっぺの野池さんの基調講演。
f0139318_18221874.jpg


続いて2部のパネルディスカッションでは、末席を汚してきました。
f0139318_17531128.jpg


こういう席は慣れてないので緊張しまくりでしたが、
「くらけん」定例会の楽しげな様子を少しでも伝えたいと奮闘してきました。
うまく伝わったかは?ですが、、、

私としては、省エネにかかわる多くの方々とお会いすることができ、
春の定例会に向けての「くらけん」活動のモチベーションを頂いてきました。
特にパネラーとしてご一緒させていただいた、
新エネルギーをすすめる宝塚の会代表の中川慶子さん、
中川建設の西本さんと倉下さん、
この素敵な方々に感謝いたします。


「くらけん」という活動を立ち上げた大きなきっかけは1985との出会いによります。
そして「暮らし」という視点から1985と関わって行こうと覚悟を決めました。

「くらけん」をとおして暮らしのサポート、
いや、もう少し謙虚に、
省エネに関する暮らしの情報交換の場を提供する裏方として活動していこうと思います。

そして、これは工務店にしかできない活動だと確信しています。
[PR]
# by katosans | 2013-11-21 18:47 | 暮らし省エネ研究会 | Comments(0)